【要確認】身分証だけで消費者金融から安全に借りる条件とは?

  • 「身分証だけで消費者金融からお金って借りれるの?」
  • 「身分証しかないけど、即日でお金って借りれるのかな?」
  • 「消費者金融って、身分証だけでいくらまで貸してくれるの?」

 

身分証だけ

 

消費者金融に申込する時は、本人確認書類として身分証の提示が求められます。

 

ではこの身分証だけあればお金を借りることは可能なのでしょうか?

 

身分証にも色々な種類がありますし、その種類によって1点の提出でOKという場合もあれば、追加で証明書を1点求められる場合もあります。

 

また、申込の仕方や申込者の属性などによっても、身分証だけで良い場合とそうでない場合もあります。

 

身分証だけでOKかNGか?

 

もしもあなたが、身分証だけで消費者金融からお金を借りたいとお考えなら、事前に知っておくべき事がいくつか存在します。

 

このページは、これから身分証だけで消費者金融からお金を借りようと考えている人のために、必要な知識をまとめたページとなります。

 

消費者金融にも様々な種類と業者が含まれており、どこから借りると安全なのか、どこなら身分証だけでOKなのか…。

 

この辺も分かりやすく解説していますので、身分証だけで消費者金融を利用したいとお考えの方は、是非このまま読み進めてお役立てください。

 

 

消費者金融で認められる身分証と認められない身分証

 

消費者金融が提示を求める身分証とは、具体的にどんなものを指すのでしょうか?

 

また、身分証として認められないものはあるのでしょうか?

 

まず消費者金融で使える身分証について見ていきましょう。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票
  • 在留カード(外国籍)
  • 外国人登録証明書(外国籍)
  • 特別永住者証明書(外国籍)

 

これらの書類はすべて、消費者金融での身分証として使えます。

 

一般的には「運転免許証」を提示する方が多いようです。

 

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードは「顔写真付き」のため、いずれか1点を提示すれば良い形になっています。

 

一方で健康保険証や住民基本台帳カード、住民票は「顔写真がない」ため、1点ではなくいずれか2点を提示するよう求められるケースが一般的です。

 

身分証として使えないもの

 

公的な身分証であればどういったものでも本人確認書類として使えます。

 

ただし、先程も触れたように1点では不十分で2点、3点と複数の身分証を求められたり、発行日から何ヶ月以内のものと期間が制限される場合もあります。

 

複数の身分証を準備したりと手間も増えるので、理想としては顔写真付きの身分証を用意するのが良いでしょう。

 

これなら1点で済み、スムーズに手続きを進められます。

 

また、以下のような書類は身分証としての効力が弱く認められないケースがほとんどです。

 

  • 学生証
  • 病院の診察券
  • 電子マネーカード
  • レンタルショップのポイントカード

 

これらは身分証として認められない為、消費者金融に申し込む際には提出しないようにしましょう。

 

身分証だけで消費者金融からお金を借りる為の条件とは?

 

  1. 借入希望額を50万円以内に抑える
  2. 他の貸金業者を含めて合計100万円以内に抑える

 

消費者金融からお金を借りる場合、身分証だけでなく「給与明細」などの書類を求められることもあります。

 

身分証だけでお金を借りるなら、借入希望金額を50万円以内に抑えましょう。

 

借入希望金額が50万円を超えると、給与明細などの提示を求められます。

 

また、申込する利用限度額と他社借入の合計が100万円を超える場合にも、身分証だけではなく収入証明書類の提出が求められます。

 

そのため、身分証だけで消費者金融からお金を借りたい場合には、合計100万円以内という条件もクリアする必要があります。

 

金額が大きくなることで、返済能力の確認の意味も込めて収入を証明しなければいけなくなるからです。

 

逆に言うと50万円以下という比較的小さな金額であれば、収入証明書がなくても身分証だけで借りられます。

 

身分証だけでお金を借りたい場合は、借入希望金額を50万以内に抑えることを意識しましょう。

 

必要以上の金額を設定しても、使いすぎの原因にもなってしまうため、必要最低限の金額を希望することが大切です。

 

他社借入は正直に答えなくてもバレない?

 

他社借入件数が複数ある場合、正確に残高がいくら残っているのか把握しづらいのも事実です。

 

消費者金融で申込をする際に、他社借入件数や残高を自己申告するように求められます。

 

その際には、必ずしも絶対正確な金額を書くことが求められているわけではありません。

 

あまりにも事実とかけ離れすぎていると、返済能力が低いと判断されかねませんが、82万円を80万円と申告するくらいの誤差は許容範囲だと考えられています。

 

残債をきちんと把握して管理できる人なのかを見分ける為の方法だという側面があります。

 

また、自己申告を「バレないから」という理由で虚偽の申告をしてしまう人がおられます。

 

この場合、結論からいえば「絶対に」バレます!

 

貸金業者や金融機関からの借入件数や借入額などは、全て信用情報機関に記録されています。

 

  • CIC「指定信用情報機関」
  • JICC「日本信用情報機構」
  • KSC「全国銀行個人信用情報センター」

 

身分証だけで消費者金融に申込をしたいと思い、実際にWEBから申し込みをした時点で、申し込みを受けた消費者金融は必ず信用情報機関をチェックします。

 

つまり、あなたに他社残額がいくらあるかどうかを聞く必要がないにも関わらず、あえて申告を求めているわけです。

 

このことからも、あなたのお金のリテラシーがどの程度なのかが測られていることが理解できるでしょう。

 

また、虚偽の申告をすれば、その時点で審査の申し込みは却下されますし、以後は申し込みの受付も不可能となるでしょう。

 

大手消費者金融で身分証だけでお金を借りる方法とは?

 

より具体的に、プロミス、アイフル、SMBCモビットを例に、身分証だけでお金を借りる方法を見ていきます。

 

申込から契約までの流れを簡単にご紹介します。

 

  1. WEBで申込をする
  2. 必要書類をWEB上で提出する(身分証の写メ)
  3. 審査
  4. 審査結果を受け取る
  5. WEB上で契約手続きをする
  6. 自動契約機でカードを受け取る(アプリをダウンロードして登録する)
  7. ATMや無人契約機、店舗などで出金する(WEB上で自分の口座に振り込み依頼をする)

 

プロミスから身分証だけでお金を借りる方法

 

WEB・電話・店頭などでまずは申込をします。

 

審査にあたり身分証の提示が求められますので、運転免許証などのコピーを提出します。

 

WEBからの申込の場合、スマホで身分証を撮影し送信すれば対応してくれますので非常に便利です。

 

借入希望金額が50万円を超える場合、給与明細などの「収入証明書」が必要になるので注意しましょう。

 

必要書類を提出すると審査が始まり、審査に通れば契約となります。

 

WEB明細とメアドを登録することで、プロミスでは初回借り入れ翌日より最大30日間の無利息サービスが提供されています。

 

契約が完了した翌日からではなく、借りた日の翌日からです!

 

つまり、契約したからと慌てて借りる必要はなく、いざという時のために事前に契約して権利を得ておくだけでも、無利息サービスの権利は無くなりません。

 

今後のために1枚持っておきたいと考えられているのであれば、プロミスのキャッシングサービスをお勧めします。

 

SMBCモビットから身分証だけでお金を借りる方法

 

SMBCモビットでは、ウェブ完結申込が準備されており、その場合には電話連絡を無しにすることが出来ます。

 

SMBCモビットの場合には、申込方法が異なることで求められる書類も変わります。

 

WEB完結申込で、会社にも誰にも知られずにキャッシングしたいということであれば、身分証だけでなく社会保険証の提出も条件となります。

 

通常のカード申込の場合に関しては、健康保険証のみでも審査を申し込むことが可能です。

 

アイフルから身分証だけでお金を借りる方法

 

アイフルでも基本的な流れは同じです。

 

身分証だけで借りられるのは借入希望金額が50万円以下の場合で、50万円を超える場合は収入証明書も必要になります。

 

また、50万円以下の場合でも、申込者の状況などによっては収入証明書が必要となるケースがあるようです。

 

心配な人は、念のために事前に収入証明書を用意しておくと万全です。

 

アイフルでは、初回契約翌日より30日間の無利息サービスが提供されています。

 

身分証なしで消費者金融からお金を借りる事は可能なのか?

 

消費者金融で身分証の提示なしにお金を借りることは不可能です。

 

これは法律によって決められていて、消費者金融などの貸金業者は必ず身分証を確認することとなっているからです。

 

お金を借りる方法としては、銀行のカードローンなど他の方法もありますが、別な方法であっても身分証は必ず必要になります。

 

身分証なしでお金を貸す業者がいるとすれば、その業者は法律違反を犯しているわけです。

 

闇金など、非合法な業者であれば身分証なしでもお金を貸す可能性がありますが、そもそも闇金などは使うべきではありません。

 

闇金とは貸金業者として金融庁に届け出をしておらず、貸金業法を遵守しない業者のことを言います。

 

借りたら大変、法外な利息を長々と払い続けさせられるという、まさに借金地獄に突入してしまうリスクが非常に高い選択肢となります。

 

正規の業者からお金を借りる場合は、必ず身分証が必要になると考えましょう。

 

逆に、身分証なしでお金を貸してくれるところは闇金である可能性が高く、近づかないようにすることが重要です。

 

保険証だけで消費者金融から借りられるのか?保険証の種類と有利な種類とは?

 

保険証は身分証として使えます。

 

保険証は4つの種類に分かれていて、それが以下の通りです。

 

  1. 国民健康保険証
  2. 社会保険証
  3. 組合保険証
  4. 船員保険証

 

以上のような種類があり、どれでも身分証として使えます。

 

ただ、同じ保険証の中でも種類によって審査が有利になるものがあると言われています。

 

有利になる保険証とは?

 

一般的に「社会保険証」と「組合保険証」は有利だと言われます。

 

社会保険証は会社員の方が、組合保険証は公務員の方が持っている保険証で、安定した収入があることの証明になるからというのが理由です。

 

毎月一定の給料をもらっている方達ということになるので、返済能力についても信頼できるだろうと消費者金融側が考えるのです。

 

こうした理由から社会保険証と組合保険証は有利とされています。

 

他人の身分証でお金を借りられるのか?

 

提出する身分証は必ず自分のものでなければなりません。

 

他人の身分証でお金を借りるというのはまず不可能です。

 

そもそも他人になりすましてお金を借りるのは犯罪ですので、必ず自分自身の身分証を提出しましょう。

 

私達が注意しなければいけないのは、身分証を紛失することで第三者に悪用されるリスクです。

 

身分証を紛失した際に受ける被害の例とは?

 

身分証を紛失してしまうと、悪意ある第三者に悪用される恐れがあります。

 

自分になりすまされて消費者金融からお金を借りられてしまったりといった具合です。

 

webからの申込なら申込者本人の顔は見えず、身分証を送信するだけですので危険があります。

 

もちろん消費者金融側も最大限の対策を行っていますが、万が一も考えられます。

 

身分証は大切に保管し、絶対に紛失しないようにしましょう。

 

もし紛失すれば、犯罪者に利用されてしまうかもしれません。

 

お金を借りることに使われないにしても、身分証はさまざまなことに悪用できます。

 

犯罪者がやる他人の身分証悪用例

 

  • 消費者金融から他人の身分証だけで借入する
  • 携帯電話を新規で契約する
  • 悪用する為の銀行口座を開設する
  • 悪徳業者のマーケットに個人情報を売る

 

実際のところ、身分証だけで大手の消費者金融からお金を借りることも不可能ではないのです。

 

正規の貸金業者ではなく、闇金業者であれば審査も緩いこともあり、もっと簡単に身分証だけでお金を借りる事が可能となります。

 

悪徳業者はお金を貸す業者だけでなく、怪しい商材を買わせたり、投資話を持ち掛けたり、色々な業種にわたって存在しています。

 

悪徳業者間のマーケットに紛失した身分証から個人情報が売られてしまえば、次から次に怪しい業者からターゲットにされてしまいます。

 

直接被害が明るみに出るまで、裏であなたの名義の銀行口座が振り込め詐欺などに悪用されている可能性もあります。

 

身分証を紛失した際には、直ちに警察署へ遺失届を出し、免許証の再発行をしてもらいましょう。

 

まとめ

 

消費者金融を利用するには本人確認書類として身分証が必要になります。

 

個人の信用情報などにもよりますが、身分証だけで消費者金融からお金を借りる事は不可能ではありません。

 

特に顔写真付きの身分証は1点だけの提出で良く、使いやすいので事前に用意しておくのがおすすめです。

 

顔写真付きのものがない場合は、保険証と住民票など、複数用意しておけばスムーズに手続きを進められます。

 

もしもあなたが、身分証だけで消費者金融からお金を借りれる権利を得たいとお考えなら、正規の貸金業者であり金融庁の管轄として提供されているキャッシングサービスを申し込んでみると良いでしょう。

 

このページの先頭へ戻る